Tabpy1.0 導入方法 (Tabpyのインストール方法をもう一度確認)

Tabpy 1.0 が2020-01に発表され、Tableauのサポートを受けられるようになったとのことで、本格的に利用が広まるのでは?ということで、改めてTabpyの導入方法(とっても簡単)をPython環境の導入(Windows)から、まとめます。安心してください。すぐ終わります。

※Tabpy1.0ではプリインストールの機械学習関数(エンドポイント)が利用できたり、ログ機能や、セキュリティの柔軟な構成が可能になったりとパワーアップしています。

※Tableau Prep BuilderからPython を呼ぶときにもTabpyが必要になりますので、利用シーンが増えていくかと思います。

① まずは、Anacondaを導入します。

こちらからダウンロードします。Python Version 3.7を選択します。

画面に従ってインストールしていきましょう。すべてデフォルトです。

 

完了しました。

② pip でTabpyを導入します。

スタートメニューから「Anaconda Powershell Prompt 」を起動します

右クリックして「管理者として実行」しましょう、インストール、構成系は「管理者として実行」しないと失敗することがあります。

“pip install tabpy” を実行しましょう。

最後に Successfully Installed と表示されます。

③ Tabpyを起動しましょう。

“tabbpy”と実行します。

”[INFO] (app.py:app:107): Web service listening on port 9004” という文字が表示されてば完了です。

以上でTabpyの導入はおしまいです。

 

④ Tableau Desktopから接続確認をしてみましょう。

ヘルプ → 設定とパフォーマンス → 外部サービス接続の管理 を選択します。

サーバーにlocalhost/ポート9004を指定してテスト接続をクリックします。

これで準備が整いました。

この後Tabpyの利用方法については続きをご覧ください。

 

おまけ: この時点でTabpy clientも導入しておくと後で便利です。

tabpy_client を導入する方法は以下です。

① pip install tabpy_client

② 組み込まれた機械学習の関数を利用するには tabpy-deploy-modelsを実行します。

管理者としてTabpy を起動している状態で、

もう一つの画面で tabpy-deploy-models コマンドを実施します。(両方とも管理者として実行しないと失敗します。)

Blogを発表していただいてるNathan Manheimerさんに感謝です!Thank you Nathan!

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください