エクセル、CSVへのカスタムSQL接続

投稿者:

データを愛するみなさん、こんにちは。

「Data Processing with Tableau on my Mind(Tableauを意識したデータ加工)」をシリーズでお届けします。

このシリーズではTableauのデータ接続画面では対応できないデータ加工要件にカスタムSQLを駆使した対応方法もいくつかご紹介しております。

エクセル・CSVファイルに対してカスタムSQLで接続する際の注意点をお伝えします。

まず、ファイルに接続設定では、エクスプローラー画面が開き、ファイルを選択します。その際、画面の右下にご注目頂き、開くの下向き▼を「レガシー接続を開く」に切り替えてください。

そうすることで、「新しいカスタムSQL」を設定可能となります。

この設定は最初にデータに接続する時にのみ設定可能です。

一旦、通常の接続をした後に、レガシー接続に切り替えることができませんので、その点ご留意ください。

因みに、レガシー接続とは、バージョン8.2以前の接続方式です。新しい接続方式の方が、使える関数が多く、総じて高機能ですが、カスタムSQLを使用することはできません。

 

ご参考になれば幸いです

ロックンロール!

 

Tableau小口

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です